広告

2017年7月29日土曜日

【バービーボーイズ】松井証券の預株あるある早く言いたい【目を閉じておいでよ】

こんにちは、今年の24時間テレビのチャリティーマラソンランナーが誰になるのか気になる今日この頃なストーンヘッド鈴木です。

でも、ランナーよりも出演者のギャラの方が気になってしまうのは、ここだけの話ですw




はい、とういう訳で、今回は以前の記事である


【こぶしたかし】言葉系あるあるまだある?【早く言いたい】

にて少し触れていた松井証券の預株あるあるについて、あるあるネタの教祖ともいうべき、お笑い芸人のレイザーラモンRGさんを尊重しつつ述べたいと思います。

ツイッターの方では時々あるあるネタを呟いているのですが、今回はそのネタの一部をまとめた形となります。

Youtubeで
レイザーラモンRG 「手羽あるある」
で検索するとバービーボーイズ/BARBEE BOYSの「目を閉じておいでよ」にあわせて、あるあるネタが披露されていますが、曲をイメージしながら、そして「はよ言えや」とか途中でツッコミを入れながら、預株あるあるを読んで頂けると更に楽しめると思います。


目を閉じておいでよ



<松井証券の預株あるある>
1、預株制度は松井証券だけ。
そもそもこれは預株の大前提ですね。


2、逆日歩が発生すると顔がニヤける。
これはキレイなオネエさんと目があっただけで勝手に喜んでいるようなもんです。

でもその気持ち、わからないでもないw
目があっただけで仮に相手がニコっと笑ったとしても、必ずデートできるとも限らないように、預株制度の仕組み上、逆日歩が発生すると必ず預株料が発生するという訳でもありません。




3、忘れた頃に預株料が発生している。
「付かぬなら、付くまで待とう、預株料」
家康公ではありませんが、このくらい気長に待っていると、忘れた頃に付いている事があります。

「果報は寝て待て」ならぬ「預株は寝て待て」といったところでしょうか。

2と関連しますが、逆日歩が発生しても必ず預株料が付くという訳ではなく、松井証券で預株制度を利用し、預株の抽選に当選しないと制度上、預株料は付かないからです。

とはいえ、考え方次第では宝くじで高額当選するよりも、圧倒的に当選はしやすいといっても過言ではないでしょう。

しかもチャンスは一度だけでは無い訳ですし、2017年度は軽く数千円は預株料だけで稼がせていただきました。ありがてぇ。



4、自動追加機能が欲しい。
同一銘柄の買い増しや一部売却をした際に、翌日に手動で追加(一部売却の場合は、再度同一銘柄を全て追加)しなければなりません。

これは正直面倒でたまに忘れてしまっている事も、、、w


→関連記事:松井証券の預株の申込みと株の一部売却による預株の解消について





5、預株料が発生していると、ついつい缶コーヒーを買ってしまう。
普段、ドケチ、いや節約に努めている私ストーンヘッドでも、預株料が発生していると、ついついサイフの紐が緩くなってしまい、普段は買わない缶コーヒーも、まぁ買ってもいいか、預株付いたしとなりがちです。w

ドケチな私でも預株料ならステキなオネエさんにコーヒーをご馳走してもそれ程サイフも心も痛くない?w




本当は1478 ジャパン高配当 や1476 Jリートなど高配当が見込め、2,000円程度で買えるETF(上場投資信託/上場投信)を買って保有株式を増やしたり、100円からの投資信託なりを買い、目先の消費よりも投資の方が一般的に資産は増えるんですけれどもね。



6、預株料が付いていると、その日1日がハッピーな気分になる。
朝起きて、預株が付いているとちょっぴりハッピーになれます。嫌な雰囲気は職場や家庭に伝染しますが、ハッピーな感じならば他の人まで楽しい気分になれるんじゃないでしょうか。

欲を言えば預株料が発生した際に、「預株料が付きました」みたいな幸せのメールで知らせてくれる機能があると、いちいち松井証券のウェブサイトを確認しなくても良いかなと思います。

スマホのアプリでプッシュで教えてくれたらもっと嬉しい事この上ないですね。




7、ネタ切れでこれ以上ひっぱれない。
またネタがある程度貯まったら記事にまとめたいと思います。


レイザーラモンRGの洋楽あるある [Aug 01、 2013] レイザーラモンRG9784812496305【中古】




~番外編~
<松井証券の預株あるかも>
1、預株が気になると夜眠れなくなってしまう。
気になる気持ちはよくわかるのですが、あまり気にしすぎも良くありませんので気長に。

ちなみに預株料が付いたか(発生したか)は、午前3時頃のパッチ処理が終了後に判明します。




※松井証券では1日の売買代金の合計が10万円までは売買手数料が無料です。


ブログランキング・にほんブログ村へ