広告

2017年7月30日日曜日

【スイーツ】番外編:静岡駅周辺の見所を紹介【清水区】

こんにちは、ストーンヘッド鈴木です。

今回は前回までの静岡駅周辺の見所やおすすめスポットである
1)自然・史跡編
2)模型・プラモ編

に加え、番外編として静岡市ならではのご当地スイーツや海や船について紹介したいと思います。




3-1)スイーツ
静岡市ならではの元祖ご当地スイーツといえば、♪たまごかな♪ケーキかな、、、のこちら


静岡銘菓 こっこ6個入り


「こっこ」ではなく、モチのロンで「安倍川もち」です。


ウィキペディアによると
江戸時代初期、安倍川岸で、徳川家康が茶店に立ち寄った所、そこの店主が黄な粉を安倍川上流(梅ヶ島)で取れる砂金に見立て、つき立ての餅にまぶし、「安倍川の金な粉餅」と称して献上した。家康はこれを大層喜び、安倍川にちなんで安倍川餅と名付けたという伝承がある。実際は、江戸時代、日本では大変貴重で珍しかった白砂糖を使っている事から有名になり東海道の名物となった。東海道中膝栗毛には「五文どり」(五文採とは安倍川餅の別名)として登場する。
徳川吉宗も安倍川餅が好物だった様で、駿河出身の家臣に作らせたりしている。

とのことで、グルメといわれた家康公も安倍川もちが好きだったようです。


スマホケース 手帳型 全機種対応【徳川家康 三葉葵 黒地波にゴールドの家紋】戦国 武家 武将 携帯ケース カバー iPhone iPhone7/SE/6s/6/5s/5 プラス Xperia Galaxy Aquos ギフト メール便送料無料 受注生産


安倍川もちといえば、安倍川のほとりにある文化元年創業(1804年)!の「石部屋」さんが有名で、こしあんと、きなことの「安倍川もち」とわさび醤油の「からみもち」を昔からの歴史を感じる建物の中で味わうことが出来ます。

以前、立ち寄った際にカメラを持参していなかったので、こちらも写真はありませんが、悪しからず、、、
参考:アットエス


300ピース ジグソーパズル 府中「安倍川」(東海道五十三次)(26x38cm)



なお、石部屋さんは静岡駅からも静岡浅間神社からも離れていますが、せっかく静岡市に来たのだから安倍川もちを楽しみたいという方に朗報です。

安倍川もちのパッケージでお馴染みの「やまだいち」さんが静岡駅の駅ビルのパルシェ食彩館内にあり、そちらで手作りの実演を見たり、作りたてを買うこともできます。
詳細:やまだいち

また、「やまだいち」さんの安倍川もちを楽しみたいけど、遠方に住んでいるよという方は楽天市場にて静岡の銘菓をオンラインで購入も出来ます。


安倍川もち 4人前 箱入【楽天BOX受取不可】【はこぽす非対応】【コンビニ受取不可】



3-2)海や船を楽しみたい場合
静岡駅からは離れていますが、清水港の一部にあるエスパルスドリームプラザに行くと海や船を楽しむ事も出来ます。

エスパルスドリームプラザはJR清水駅から離れていますが、無料のシャトルバスも運行されています。






関連記事:エスパルスドリームプラザの見所


<まとめ>
1)自然・史跡編
2)模型・プラモ編
3)番外編(スイーツ、海や船)
と静岡駅周辺でこれだけ楽しむ事が出来ますので、みなさんも気軽に足を運んでみては如何でしょうか?

なお、条件はありますが、JR東海の休日乗り放題きっぷなどお得な移動方法もありますので、あわせて検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事:新宿や都内近郊、豊橋や浜松から熱海、三島、沼津まで安く移動する方法