広告

2017年7月28日金曜日

最後の海外旅行と分散収入ライフ

こんにちは、すっぽんドリンクを飲んで鼻息を荒くしているストーンヘッド鈴木です。


日興薬品 漢薬スーパーすっぽんドリンク 100ml×50本


はい、特にオチがない所で、今回は最後の海外旅行と分散収入ライフについて書きたいと思います。




まず、当ブログでは「セミリタイア」と銘打っていますが、現状ではストーンヘッドは以下のようなガラスの首や、目に見えない爆弾を抱えています。

そのような事もあり、実際のところはセミリタイア生活というよりも療養がメインであり、療養をしながら株式投資など「分散収入ライフ」をしているといったところが正直な所です。

・適応障害
・パニック障害
・過敏性腸症候群
・頚椎症

これらは余程顔が青ざめていたり、首にコルセットでもしていない限り、これらは一般的に外から見て健常者かどうかは区別が付き難くいです。

また骨折などとも違い、どこまでが療養に専念すべきなのか、あるいは客観的に見ればただの甘えで、目の前の困難から逃げているだけなのか、ストーンヘッド自身でも判断が難しいと感じる事が多々あります。



日によって体調に波はあるものの、体調が悪い時や痛みが激しい時は横になっている事も多々あります。

ストーンヘッド自身としては治るかどうかわからないのに完治を目指す事よりも、これらの症状とうまく前向きにつきあって行く選択の方が賢明だろうと感じます。

それらの事を踏まえ、「最後」の海外旅行や外こもり先を検討しています。

行けば行ったで、また海外に行きたいと思うでしょうが、そこは前向きに「分散収入ライフ」のモチベーションに変えたいところです。

パートタイムなどで無理のない程度に「出稼ぎ」をしながら、そして無理のない程度に実社会と接しながら「分散収入ライフ」を加速させ、メビウスの宇宙(そら)からBeyond The Timeしたい考えです。


機動戦士ガンダム逆襲のシャア(1) BEYOND THE TIME (角川コミックス・エース) [ 久織ちまき ]


海外旅行や外こもり、海外沈没とはこれで一回区切りとしても、投資の利益や配当金などをもとに、心身がある程度健康ならば海外に再度行く事も出来ます。

それこそアントニオ猪木の「元気があれば何でも出来る!」の言葉の通りです。


アントニオ猪木流「燃える」成功法則58 元気があれば何でもできる [ 松本幸夫 ]


一方で目先の夢や希望ばかりいつまでも追いかけていたり、あるいは何かを理由に目の前の困難から逃げてばかりいるようでは結果も出せず、社会人としても成長も自分を育ててくれた社会への貢献も出来ません。

世の中、多くの人たちは古今東西、日本人だろうがドイツ人だろうが、理想と現実の中で働き、そして大なり小なり悩みながらも生活をしているのが現状といっても過言ではないでしょう。




という訳で、今まで海外で見てきたもの、感じた事を活用しながら最後の海外旅行が終わったら「分散収入ライフ」を加速させるつもりでいます。

なお、旅行先についての公表は差し控える方向です。
出会いは求めているようで求めていないとうな感じですw
エンジンがかかれば旅先の宿やディスコなど出会う方法はありますからね。

個人的には保守的や閉鎖的ではなく、もっとざっくばらんにオープンにコミュニケーションをしたいと思っています。

どうしても旅先を知りたい、あるいは現地で合流したいという方はツイッターのダイレクトメッセージからどうぞ。
(なお、ブログ等を運営していない方への返信はしないかもしれません)

ストーンヘッドは弱小零細ながらも投資家もどきですし、実際にタイで邦人がトラブルにより亡くなっています。美人局も嫌ですし。

関連記事:海外で長期滞在中に人と接するときに気をつけていること


【中古】 外こもりのススメ 海外のほほん生活 /安田誠【著】,新居さとし【漫画】 【中古】afb




なお、ディスコやアングラ系のナイトクラブへ一緒に行ってみたいけど一人では不安という女性は、事前にアングラの知識や経験などをヒアリングして、話をしてからですね。
(そもそも次の滞在先に必ずディスコがあるとは限りませんが)

このあたりが不十分であとでトラブルとなるのはお互いに不幸ですし。(一般的にディスコでのトラブルはほぼありえませんが、アングラ系ではそのまた逆も然りです。)