広告

2017年6月22日木曜日

日本での普段のファッションを考察してみました。

こんにちは。
先日、外出した際にアジサイを見て思わず梅雨を感じたちょっとピュアな心を持っている?ストーンヘッド鈴木です。





さて今日はストーンヘッドがちょっと出かける際のファッションについてです。

キモメン界のプリンスとも恐れられるストーンヘッドは、こう見えても最近はちょっとオシャレに気も使っています。

ドイツのベルリンにいる時はディスコなどナイトクラブ以外でも普段から全身黒ずくめで喪服に近いものもありました。

真夏でも一般的にドイツでは湿度がそれ程高くも無く、イメージとしては夏の北海道と似たような気候なので日没後は涼しかったりもします。
(投資と一緒でかならずこうだという訳ではありませんが)





世を忍ぶ仮の姿@ラスベガス


写真はアメリカのラスベガスのナイトクラブに行く前のお忍びのストーンヘッドですが、こんな感じで全身黒です。


関連記事:

【砂漠の中の】ラスベガスの地元向けディスコ/クラブパーティー スカーレットの体験珍道中記【ディスコテック】

http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/blog-post_6.html


話は戻ってドイツのベルリンの夏は直射日光さえ防げれば割と過ごしやすかったりもするのですが、日本ではそうは問屋がおろさず、、、

もともと暑いのが苦手なストーンヘッドは、6月中旬を過ぎた今現在、既に暑く感じてしまいます。もはや干からびそうです。




という訳で、、、本当は日本でも黒ずくめの格好をしたいのですが、やっぱり暑くてそれどころではないので、暑い中でもちょっとオサレに過ごせるファッションを考えてみました。

上からいきますと、髪型はオールバックでハードジェルでちょっとツヤを出しています。プロレスでいうところの元新日本プロレスでミスターバッグドロップこと、後藤達俊選手のような感じです。

ウォーキングをする際に燦燦と降り注ぐ夏の太陽が眩しいので、西部警察の大門みたいなレイバンのグラサン。



西部警察 キャラクターコレクション 団長1 大門圭介 [ 渡哲也 ]




口ひげです。
イメージとしては狂井益男氏です。



新日本プロレスのヤングライオンTシャツ、




新日本プロレス/NJPW ライオンマーク キング・オブ・スポーツ クラシックTシャツ
 

通気性を重視してジャージに



大きいサイズ メンズ SOUL SPORTS×新日本プロレス 長袖ジャージ 上下セット ブラック×グレー 3L 4L 5L 6L 送料無料【コンビニ受取対応商品】



ワンポイントのアクセントを兼ねてセカンドバッグでお出かけ。


持ち方にもこだわりがありまして、ベルトは手首に絡ませながらも、バッグ自体は先っちょをちょっと摘むような大人の持ち方です。



セカンドバッグ・クラッチバッグ メンズ【日本製】Valentino Sabatini 合皮セカンドバッグ 取り外し持ち手付き 28cm【送料無料】【1566】メンズポーチ大きめ ブランド バレンティノ サバティーニ 紳士 男性用 お洒落 持ち歩き 定番【RCP】 父の日 ギフト 10P03Dec16



足回りはクロックスのパチモン?の100均で売っているヤツです。

これは安いからか、濡れたタイルの上はメチャメチャ滑りやすいので雨の日は要注意です。

ちなみにせっかくのグラサンも滑って転んだ際に





こんな感じで無慈悲に、、、
顔を強打しましたが、それでもケガがなかったのが不幸中の幸いかもしれません。

今回はちょっとダンディなファッションについてでしたが、みなさんも良かったら参考のひとつにしてみてはいかがでしょうか。